【元結婚詐欺師が2ちゃんねるで公開して炎上したあくどい手口】

詐欺かどうかわかりにくい巧妙なやり方

最近、ある元結婚詐欺師が自分の手口を2ちゃんねるに公開して話題になりました。

 

それを要約して紹介しましょう。

現在、基本料金50%OFFクーポンが出ています!

結婚詐欺調査におすすめの探偵社・24時間相談無料はコチラ

 

この詐欺師のだましの手順

1.出会いは出会い系やオフ会
  • 出会い系やオフ会で出会った、とは人に話しにくい。
  • すると、友人に紹介されたり、被害の相談をされるリスクが減る。
  • 出会い系やオフ会に絞る理由がすごいというしかない。
2.陰気な女性がターゲット
  • 恋愛慣れしてないどころか、人と接することが苦手そうな女性を選ぶ。
  • 自然な感じで交際しながら、夢中にさせる。
  • 女性は判断力を失い、「これを逃したら…」という気持ちになる。
3.金銭問題が結婚のハードル
  • 交際中はあくまで誠実そうに振る舞い、結婚願望も示す。
  • しかし、親の借金や入院など、金銭問題が解決するまで、結婚は無理と言う。
  • ただし、援助を求めるようなそぶりは見せない。
4.相手に資金提供を言いださせる
  • 女性の母性本能をくすぐり、「助けてあげたい」という気持ちを高めていく。
  • 自分からお金は求めず、必ず相手から出すと言わせる。
  • これは万が一、被害届を出された時に「自分から金銭を求めた事実は一切ない」と弁明できる予防措置でもある。
5.現金を手渡し
  • 捜査に対する予防措置として、通帳などに一切の記録を残さない。
  • 振込は利用せず、必ず現金手渡しで受け取る。
6.女側から別れを切り出させる
  • 個人事情がさらに悪化したという設定のもと、自暴自棄やウツのキャラを演じる。
  • 付き合うのが鬱陶しいダメ男になることで、女性が別れたくなるようにする。

 

解説

この手口は、資金提供も別れも女性の側から言いださせている点が実に巧妙です。

 

金銭授受の証拠も残っていないし、被害届を出したところで詐欺として立件できるか難しい。

 

同様の被害者が複数見つからないと、詐欺とは認めてもらえない可能性が高いでしょう。

 

金額については、一人30万円〜80万円程度にとどめて、その分、多くの女性から騙し取るそうです。

 

それぐらいの金額だと、諦めてしまう女性の方が多いでしょう。

 

詐欺にかかったことを周囲に知られる苦痛や弁護士費用などと天秤にかけると、訴えてもあまりメリットのない被害額だからです。

 

ターゲットは恋愛に縁の薄い、暗い女性のようですが、自分は違うからと安心しないでください。

 

高学歴で自信家の女性を好んで標的にする結婚詐欺師もいますから。

 

このタイプは複数の女性と同時進行していますから、探偵が行動調査をすれば、すぐ裏が取れます。

 

現在、基本料金50%OFFクーポンが出ています!

結婚詐欺に詳しい探偵社・24時間相談無料